MENU

松本人志、文藝春秋に損害賠償を求め提訴!謝罪広告の掲載を求める

  • URLをコピーしました!

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが、週刊誌「週刊文春」に掲載された、飲み会で性的行為などを強要したとの疑惑を報じた記事について、発行元の文藝春秋と記事を書いた記者を相手取り、名誉毀損に基づく損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて提訴したと、2024年1月22日に松本人志さんが所属する吉本興業公式ホームページで発表した。

松本さんの代理人弁護士によると、

当該事実は一切なく、本件記事は本件タレントの社会的評価を著しく低下させ、その名誉を毀損するものです。当社としては、本件記事について、新幹線内で執拗に質問・撮影を継続するといった取材態様を含め厳重に抗議し、今後、法的措置を検討していく予定です」

とも述べています。

文藝春秋は、記事は事実に基づいていると主張しており、裁判で争う姿勢を示しています。

この訴訟は、芸能人に対する週刊誌の報道に対する芸能人の反撃として、大きな注目を集めています。

また、芸能人に対する性加害の疑惑をめぐる報道の在り方についても、議論が再燃する可能性があります。

具体的には、以下の点が争点になると考えられます。

  • 記事に掲載された内容が事実であるかどうか
  • 記事が松本さんの名誉を毀損するかどうか
  • 記事が松本さんの仕事やプライベートに与えた影響

以下に、訴訟の概要をまとめます。

  • 訴訟の当事者:松本人志(原告)と文藝春秋(被告)
  • 訴訟の請求:名誉毀損に基づく損害賠償と謝罪広告の掲載
  • 争点:記事に掲載された内容が事実であるかどうか、記事が松本さんの名誉を毀損するかどうか、記事が松本さんの仕事やプライベートに与えた影響

裁判の結果は、今後の芸能人に対する週刊誌の報道にも影響を与える可能性があるため、注目が集まっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次