MENU

「アサシンクリード」の新作が日本舞台!予告で大炎上した理由とは?

  • URLをコピーしました!

人気ゲーム「アサシンクリード」の新作がついに発表され、日本舞台で展開されることが話題となっています。

しかし、その予告映像が大炎上し、賛否両論を巻き起こしています。では、なぜこの予告は大炎上したのでしょうか?

目次

日本舞台で繰り広げられる新たなストーリー

人気ゲーム「アサシンクリード」シリーズは、フランスのゲームメーカーUbisoftによって開発され、世界中で愛されてきました。

その最新作が、なんと日本を舞台にしているということで、多くのファンから期待が高まっています。

日本の美しい風景や歴史的な建造物、そして戦国時代の緊迫した空気感が、ゲームの世界を一層魅力的にしています。

 

予告映像での大炎上の理由

しかし、この新作の予告映像が公開された際には、多くの人々から賛否両論が巻き起こりました。

その理由は、主人公が織田信長の時代に実在した黒人であるという点にあります。

主人公の名前は弥助といい、彼は信長の家臣として活躍していたとされています。

 

この設定に対して、一部の人々からは歴史の事実に反するとの批判が寄せられました。

彼らは、当時の日本に黒人がいたという証拠がないため、この設定は歴史の改変であると主張しています。

一方で、この設定はフィクションとして楽しむべきだという意見もあり、賛否が分かれる結果となりました。

 

また、予告映像では、弥助が侍として活躍する姿が描かれており、一部の人々からは「日本文化の歪曲」との指摘もありました。

彼らは、侍といえば日本のみに存在するものであり、外国人が侍として活躍する姿は違和感があると指摘しています。

 

まとめ

日本舞台で展開される「アサシンクリード」の新作が予告で大炎上した理由を考えてみました。

主人公が織田信長の時代に実在した黒人であるという設定に対して、一部の人々からは歴史の改変や日本文化の歪曲といった批判が寄せられました。

一方で、これはフィクションとして楽しむべきだとする声もあり、意見が分かれています。発売日が11月12日に迫り、ますます注目が高まっています。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次