MENU

実写版ゴールデンカムイのアシリパが可愛すぎる!山田杏奈さんが起用された理由とは

  • URLをコピーしました!

実写版ゴールデンカムイのアシリパは、原作の設定を踏襲しつつ、山田杏奈さんの演技によって新たな魅力を加えられたキャラクターとして好評を博しました。

原作のアシリパは、12歳頃のアイヌの少女であり、ヒグマを仕留めるほどの弓矢の腕前や、アイヌの伝統的な知識や技術を有しています。

また、聡明で冷静沈着な性格をしており、父親の仇討ちとアイヌの文化の継承を目的として、金塊の在り処を巡る冒険に身を投じます。

実写版のアシリパは、原作の設定を忠実に再現しつつ、山田杏奈さんの演技によって、より人間味のあるキャラクターとして描かれました。

特に、父親の仇討ちという強い意志と、アイヌの文化への誇りを持ちながらも、杉元という異文化の人物と交流することで、徐々に心境に変化していく様子が丁寧に表現されています。

また、山田杏奈さんは、原作のアシリパの特徴である、長く伸びた黒髪や、アイヌの伝統的な装束を美しく着こなし、ビジュアル面でも高い評価を得ました。

目次

山田杏奈さんが実写版のアシリパに起用された理由

年齢設定も幼く、お芝居が確かなことと、杉元佐一演じる山﨑賢人さん同様覚悟を持って臨んでくれる方というのが決め手だそうです。

ビジュアルがアシリパに似ていることも大きかったようですね。

 

 

 

実写版ゴールデンカムイは、原作の魅力を損なうことなく、新たな魅力を加えることで、原作ファンはもちろん、初見の観客からも高い評価を得ているようす。

その中心人物であるアシリパの存在は、本作の成功に大きく貢献したといえるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次